私たちが思うこと

huzi

美しい景色を守るために、
環境を大切にする企業でありたい。

どうして富士山ってあんなに美しいのだろう。
これ程美しく、気高く、荘厳な山が他にあるでしょうか?
だから世界遺産に指定されたのでしょう。
しかし、心ない人間が捨てるゴミの為に、
山が汚れているそうです。
環境を大切にできないというのは悲しいですね。

sinrin

印刷物の「わくわく」や
「ドキドキ」、存在感を伝えたい。

街にはんらんする印刷物。無料のパンフレット、新聞、雑誌、大量の売れない出版物、重たいと感じる程入ってくる折込チラシ…。 どうしてこんなにたくさん刷る必要があるのでしょう。
紙を作るために外国の森林を伐採し、そのために環境を汚染しているというのに、紙の消費量が文化のバロメーターのように言う。本当にこれでよいのでしょうか?
数年前、紙による印刷媒体は近い将来なくなるようなことを聞きました。確かに、印刷物の量は減っています。 コンピューターによる内省化、売れない出版物、宣伝媒体の多様化でこの傾向は益々強まっていくでしょう。 それでも印刷物がなくならないのはなぜか?
それは、手に取って見ることができる便利さとか、書籍に代表されるような存在感なのではないでしょうか?

Top